スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレーなんて誰にでも作れるものだろう

そう思っていた時期が私にもありました
林間学校の夕食実習でその「亜空間」を見るまでは
むしろどうやったら「あんなもの」が作れていたのか
今となっては当事者に聞いてみたくて仕方がありません



まあ思うところあり再エンコし、案の定ツッコミを食らってふと考えていたわけですが
「フランス料理の出来るまで」なら皆の興味を引き、満足できる解説動画を作る人もいます
ただ包丁を持ったことのない人に対しての「米のとぎ方」なんて解説動画は
作る人もいないし当たり前すぎるのかもしれません。解説動画って結構面倒だし。
まあ「米をとぐのに洗剤を使う」という話が都市伝説であるのを祈りたいですが

一家の母親や料理好きの方などは味噌汁なんぞ鼻歌歌いながら作れるでしょう
で、その工程をレシピ化してくれなんて言ったら「?」な顔をされるか拳骨ものでしょう
で、ためしに自分の味噌汁の作り方を書き出してみたらこうなったわけです

味噌汁というのは地域によって差があるどころか家庭によって味が違う
ローカルを越えたハウスルールな代物です。自分の当たり前な工程は
他人から見たら鳥肌物なのかもしれません。むしろなのだろうと思います
そして「そのやり方は変だ」とツッコミをもらって初めて気が付いたりするものだったりします。

ワタシの作り方な動画は「その領域に該当する解説動画が存在しなかった」
から作ってしまっただけであり、「正解である」という保障はまあできません。ひどい話ですが。
無知なガイドがナビをしているようなもので、「まて!そっちは地雷畑だ!!」
とツッコまれることによって初めて完成するのだと思います。
というわけでツッコんでくれる人はそのコストを使って発言してくれてるので
相当やさしい方なんだろうなぁと思っております。結構胃にきますが。

見返してみると結構細かい所を省いたアバウトな内容ですが
「先ずは昆布と煮干でダシをとって~」な説明をしてしまうと
本当に分からない領域なら理解できないか面倒であきらめてしまう
そんな気がしたので「適当に切って、鍋に放り込んで、最後に味噌を入れる」
そんな内容で提供してしまいました。とりあえず「できる」というのが大切だと感じたのでしょう
で、細かい工程は慣れてから少しずつ煮詰めていけばいい、そういうやりかたでもいいと思います。
最初から高いハードルを設けるよりはあらかじめ志を低めに見積もっておき、
1つずつ達成していって領域を拡張していく、そんな感じです。

で、ツッコんでくれるのも有難いのですが「お前のやり方は信用できん!」
とよりよい解説動画を誰かつくってくれないかなぁ。そう思うこの頃です。

あっぷるそーす(=たわごと)

カラオケに招かれる機会があり
イラスト家業や音いじり家業の方と卓を囲んだのでちと雑談して見た
俺「動画編集ソフトいじりって実は結構楽なんですよね。問題は映像ソースの準備が恐ろしく面倒なこと」
音いじりさん「そうだよね。俺も音源ライブラリ100GBくらい持ってる」

・・・

はい。ニコマスって切り貼り作業自体は意外とラクチン、むしろ脳内物質のお陰でサクサクなのです
そんなに楽しいなら何故積極的にしないのか?といわれると
ダンス素材の録画が面倒だからです。決意がよっぽどのことでないと
「作るぞー!」っていうしきい値を越えないのです。
「ニコニコから借りろよ」と言われてもまあワタシなりの縛りというか生理的な何かというか・・・
(これでも無印時代のソース録画に比べれば素晴らしく楽なのは分かってはいるのですが)

話は変わりますが自分ニコニコのランキングでアイマス分があっても積極的に見ないんです
むしろ天邪鬼な性格なので見ないのです。
で、長いことランクインしてるので見てしまったのです。



結論から言うと「非常に楽しい」
それくらい素晴らしい動画です。
で、同時に絶望しました。一言で言うと「ぐへぇ」。AAなら「orz」
あまりのテクニックと自分がやりたかった領域(カット&ループな変化系)
をありったけやっていただいてるのと
なによりその映像ソースの量を逆算したら鳥肌が立ってきました

あとツールとかエフェクターとか自分が知らない領域をガンガン使いこなされてるのってくやしいですね。
自分の映像の源泉はビートマニアの5鍵なので
「WMPみたいなあの背景のウニョウニョしたもの」の生成とかしたいなぁ。と思っているのですが
いかんせん調べてないのもあり分からなかったり。
そんな自分の知識のツリーの狭さを恨むというかもっと掘れというか・・・
クリエイター系の雑誌でも探して購読すべきかしら・・・

あー、赤レンガ倉庫で呑んできたので酷い文章になってると思います
酔っ払った挙句の自己の無気力を棚に上げた嫉妬。これはひどい。
結論を言うと「もっとがんばれ、俺」
いや、ほどほどでいい。むしろがんばるな。俺。
こんな駄目駄目なワタシは穴を掘って埋まって(ry)

俗・チラシの裏

んー、なんだろ。上手く表現できないが
「ガチで気合入れてこの動画を作ったので真剣なレスポンスが欲しい」
そういう考えもたしかにアリだと思います。
レギュレーション的にモトGPとかAランククラスで色々なコストや情熱のかかった動画だと
一見さんも楽しめますが掘り込むと色々コアな部分が見えてくるというか
そんなコアな要素に対するレスポンスがガチで欲しい。
それも確かに正論だと思います

ただ自分の場合はアマチュアの125CCクラスの模擬レースみたいなもので
アマレースなら運搬バンとレース車体とその他もろもろを準備するような感じなので
準備してちょっと書き出すだけでえらくカロリーを消費するのです。
才能も技術も努力も足りず、自分にとっては曖昧な出来栄えで
「本当にこれで通るのだろうか・・・?」と思いながら無謀にも投下してしまいます。

で、そんな動画を観てくれる人がいてコメやマイリスしてくれる人がいて
ググッたらつぶやかれてたり日記ログでピックアップされてたりというのは
「ワタシのイメージが微弱でも世界に影響を与えることができた」と言った感じで
それだけでも十分嬉しいんですよね。
「見るだけでスルーなジャンク動画」以上の評価をもらえた。って感じでしょうか。
「乗りこなしが前よりよくなっていいコーナリングだったね」
なんて言ってもらえたらそれだけで有頂天です。

実力も評価もある方だとピックアップ数も増えるのでしょうが
情熱やステップ数が多い傑作程レスポンスのソースもノイズも増えてくるのでしょう。
でも「俺はガチだから見る側もガチで」ってのはなんか窮屈な気もします。
それだと息苦しくてニコニコの本質からはちとずれてるというかなんというか
もっと気楽にニコニコでもいいんじゃない?という気もします。
ちなみに前のエントリで書きましたが自分は凄い動画にはコメントできません。
なんかこうプレッシャーを感じるというかなんというか・・・

というわけでトップランカーは大尊敬しますが自分はその領域に踏み込めないというか
絶対的な壁を感じるというか・・・
レギュ的には「B」にすらなりきれない
「C」だけどきらりと光る要素を持った「C+」になりたいなぁと思うのです
で、日記ログでコメなしでのってるだけでもうれしい人間なのですよね。

オチはないのですが何故125CCで例えたかというと
50CCクラスは逆にモンキーカスタムみたいな修羅の世界だったりするので。
あと「Z級」も踏み込めない領域です。マジであの領域はガチでアシッドをやる異空間ですので・・・

チラシの裏

『紹介ブロガーの紹介手法とコメント及び~』
みたいな話題がでているようなのでここで勝手な見解でも

実はコメなしの羅列でも結構ありがたいんです。

ニコニコの新着コーナーはマメにチェックするにはちと辛いですし
タグ反映のタイムラグも結構あります
「みてれぅ使えよ」と言うかも知れませんが新着をまめに掘るというのは
疲れる作業なので自分はあまりやらないのです。

で、他人のログを見て参考にする訳です。
セレクトショップの店長がニコニコという巨大なマーケットに買い付けに行き
その戦利品を並べて見せてもらっている感覚とでも言うのでしょうか。

「せめて簡単なひとことぐらい添付してほしい」という意見もあるのでしょうが
「今日見たニコマス動画」という感じで並んだサムネイルと投稿時間等から
色々と推測することができます。

『この人はこの時間からこの時間まで掘っていたのか』とか
『新着メインだけど過去動画も混じっている、タグをたぐって掘ったのか』とか
『今日は律子メインで一定数掘ったのか』とかそんな感じです
なによりズラッと並んだサムネイルのカラーを見てるだけで
その日の潮流が分かる感じがして面白いのです。
紹介サイトの方の嗜好と自分の波長が合えば
色々と選別してワタシ好みなラインナップになってくれているのでとても楽なのです。

ワタクシの動画がその日のログに無言で並んでいたとしても
「投稿からこれくらいの時間で検出してくれて、ワタシの動画に時間を割いて貰い
かつピックアップしてもらった」
それだけでも結構嬉しいのですよね。

論議の源流となったログを見てみましたが
あれを発言するのには相当な精神コストが生じたのかもしれません。
かなり強い内容ですがまるで自分が爆発半径内にいるのを覚悟して爆破させてる感です。
自他ともに打撃を伴う発言手法をとった理由は定かではないですが
紹介とコメントに対する再考の手法の1つとでも考えれば宜しいのでしょうか。
深海魚がこれはどうとか言える立場ではないですが
まあこの文章をワタシなりの回答とさせていただきました。かしこ。

教育と疑問(長文)



義務教育では読み書き算盤から始まり、音楽や木工工作、美術も教わりました。
で、ふと疑問に思ったわけです。
「何故音楽や絵の描写は教えるのに、『映像』は教えてくれないのだろう?」

音楽はこの20年でPC主体のムーブメントが起き、DTMの制作ガイドブック的なものもあります。
イラストや画像加工でもデジタル化しフォトショ、イラレ、ペインターのガイドブックがあります。
ゲームも昔からプログラミングについての本があります。
でも動画編集となると、とたんに存在しないか目にとどまりにくい程のボリュームになります。
(アマゾンで調べたらPremiere Elements入門書籍が複数あってほっとしました。高いけど)

ゲームは30年、DTMは20年相当の歴史ですが映像に至っては1世紀もの歴史があります。
自分の親の世代からはテレビが茶の間にありました。
そこからは日々様々な映像パターンが流れているのに
「どうやったらその映像が作れるのか」という料理でいうレシピ集みたいなものになると
とたんにその存在が希薄に感じられるのです。自分の掘り方が甘いのもありますが
本屋に行って「映像を作る」というジャンルがあまり目に届かない印象があります。
そこで疑問に思うわけです、「映像を志した人はどうやって道場の座標を把握し、その技術を覚え、
また映像でメシを食っている人はどんな過程でそこまで来れたのか?」と。
それくらいプロセスの「見える」化がされてない気配が感じられるのです。

Premiere Elementsは決して「PC導入したての初心者やライトユーザーを対象にして
操作周りをイージーにした代物」ではなく
「Pro版のスペックをカットし、相当な機能をロックしている
そんな印象を受けるのです。プロツール特有の操作周りは
レスポンスがフレーム単位でザラッとして心地よいのですが
「ロックされてるものの出来る事が豊富で逆に何をしたらよいか分からない」という難しい特性を持っており
お陰で導入初期はかなり苦労しました。マニュアルを読まなかったのもありますが
後で読み返すと「本当にこれだけの説明で出来るの?」な感じでした。

ネガな考え方をすると、「映像という分野は『聖域』であり、選ばれた人しか踏み入ることが出来ない」
という考え方も出来るでしょう、自分が小学校の頃には家庭にビデオカメラがありましたが
さらにそれを編集するというのは相当にコストのかかる行為だと思います。

だけど今はどうでしょうか?カメラ屋に行ったらもう時代はHD画質のカメラが主流となっており
さらには携帯電話も結構な動画性能を持っています。
PCは莫大なデータを処理できるようになり、ツギハギやエフェクト添加も
ツールとライブラリにコストを支払えば自分でプログラムを起こさなくてもできるようになっています
はい、ここ数年でのブレイクスルーが著しく、すでに映像編集というのは「聖域」ではなくなっているのです。

あとHDビデオカメラが売れるということは当然買い手がいるわけで、
当然録画しただけでは満足せず、「息子の運動会ベストセレクション」なんて作りたい人もいるでしょう
そんな人のために簡単操作のポポンのポンでできる環境を
カメラを売ったからには提供してもらわないといけません。ネガな言い方をしましたが
HDカメラがそれだけ売れるということはそれだけの「動画編集したい」という潜在顧客がいることになり
かれらにストレスフリーで操作できる環境を提供できればそれはもうえらいビジネスチャンスなのです。

そんな訳でヘタクソだけど「自分以降の入門者を挫折させたくない」為に
入門マニュアルなんか書いてしまったのです。それくらいマニュアルもレシピも欠落しているのが現状です。
Premiere Elementsは「死んで覚えるゲーム」的な要素が強く、
「1万数千円で1年以上楽しめる『死にゲー』が買えた」と思えば悪くはないのですが
死にゲーを求めていない、ボタンポチポチのサクサクで編集したい人には
そのツールは苦痛極まりないものでしょう
あと死に(積み)ながらコーデック相性でのノイズ除去に1年かかったのはやはり解せません
これは情報収集を怠った自分が悪いのですがそもそもそんなマジナイじみた儀式を
行わなくて良いのが理想だと思います。

これからどんどん画像や映像に対してのブレイクスルーは行われていくと思います。
で、それだけの潜在ユーザーに対して徹底的にストレスフリーな環境
及びレシピやマニュアルを提供することは
HDカメラを売った業界の「義務」であり、結構なビジネスチャンスだと思うのです
(携帯カメラやmpegのソース混同やコーデック相性による勘所なんて
若い子持ちの機械オンチの奥様には分からないでしょうし分かりたくもないでしょう)
それだけ映像というものは日常に密接であり、ダイレクトに表現できる代物なのです。

結論としては、まぁ、ただ自分がめんどくさいだけなんですけどね・・・
あと自分のPCが貧弱極まりない(AthlonXP 3500+ MEM2G)なので
Premiere Elementsが64ビット化したらマシンごと新調してしまいそうです。
あ、オチがない。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。