スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニコマスと音、及びヘッドホンのススメ

あるつP


さて、良い映像には良い環境を求めたりしますが
「ディスプレイは良い物を買っても音は適当なアクティブスピーカー」
といった方も多いかもしれません。

断言します。かなり損してます。
ニコマスの基本は「音の置換」のため実はソースの割合では音はかなり重要です。
でも住居環境的に大音量は出せない。
そんな方にはヘッドホンです。

「『けいおん!』でAKGのK701の存在を知ったけど値段を見て仰天した」
といった方もおられるでしょうが、自分が未経験者に言うならば
「2万円」握り締めて「ヨドバシ、近くに無ければヤマダ」に行き
「オーディオテクニカ」の「密閉型」の「ATH-A900」を買って来い。になります
(自分の頃はATH-A9Xだったので差異はあるかもしれませんが)

個人的なヘッドホンのブレイクスルーポイントは1万五千円です。
そのあたりから基礎設計がしっかりしてきます。
「オーテクって量販家電店に並んでる=普通っぽ」といった偏見もあるかもしれませんが
これは逆に「販売ルートが強い」わけであって性能は悪いわけではありません。
ゼンハイザーとかAKGとかに比べると魅力が薄いかもしれませんが
実はテクニカのヘッドホンはかなり優等生です。ドンシャリ(高音と低音が強い)かもしれませんが
特別なアンプを用いなくても適当なヘッドホンジャックでドライブでき、なかなかの音で
なにより「装着感がトップクラス」なのです。密閉型は重くて夏場多少暑いですが。

自分は過去に少ない小遣いでネットゲー環境を揃えるかヘッドホンを買うかで悩んで
ヘッドホンを買い、その「世界」を見てしまいました。
真っ先に分かるのはドラム、ドンドンといった空気の振動感からシンバルの「シャンシャン」
さらには「チッチッ」といった音、良いソースならシンセのサラサラ感まで聞こえてきます。

これに満足したならそのまま使いつぶすも良し、さらに興味を持ったらヨドバシで
開放型に挑戦とか別ブランドの上グレードに挑みさらにはアンプも・・・と言った感じです。
2年以上使ってくるとイヤパッドがボロボロになってきますが
オーテクは中位機種以上は交換パッドも供給してるので安心です
(流石に5年以上、2回交換してたら本体が断線してしまいましたが)

この説明にピンとこないならちょっと置き換えて見ることにします。
例えば「靴」
これは日常生活での割合は大きいのに意外と皆さん適当です。
安さや流行を第一にして快適さを犠牲にし、
さらには外反母趾になってしまうケースもあります
自分はビルケンシュトックの革靴を買いましたが
その値段と導入初期のクセに戸惑ったものの
馴染むとバツグンの快適性と耐久度を持ち、結果5年以上持ちました。

この日記を見た方がいて興味をもったけど
2万という価格に躊躇してる方がいらっしゃったら
ぜひヨドバシに行く事をオススメします。
メジャーなヘッドホンは大抵試聴できるようになってるので
それぞれの「宇宙」を見ることが出来ます。

因みに自分は三菱の24インチフルHD、ゼンハイザーの開放型
ウルトラゾーンの密閉型にヘッドホンアンプ(DR.DAC2)といった構成なのですが
普段はゼンハイザーでまったり、刺激が欲しいときはウルトラゾーンを使ってます
(ウルトラゾーンは装着感がイマイチきついのですが・・・)
でもフルHD液晶持ってても地デジには繋がず、ブルーレイ環境も持っておらず
最新ゲームもあまりやってないんですけどね・・・まさに宝の持ち腐れ。

結論としては、実はAKGのK701に憧れてたりする今日この頃でした。
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。