スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントすることされること

いままでこのブログで再三に渡り「良いと感じた動画にはレスポンスしよう!」
と提唱していましたがこの度懺悔させてください。自分はあまりコメントしておりませんorz
その代わりマイリストをするかもしくはPのマイリスから巡って
気に入った動画は何回も観たりします。

「何故コメントしないのか?」という問題を掘ってみると
・自分のコメントが「ノイズ」となり、動画の空気を乱してしまうのではないか
・さらにそのコメントが流れきれずずっと残ってしまうのではないか?
・自己のノイズ要素により製作されてるPに何かしらの悪影響をあたえてしまうのではないか?
等の要素が出てくるのです。要するにコメントするのはものすごくカロリーを使う行動なのです
(人気動画を見てみてもコメよりマイリスの方が多いケースも結構ありますよね)

で、思うわけです。自分がこのようにコメントにカロリーを使っているのなら
他のコメントしている方々も同様に結構なカロリーを使ってコメントしている可能性があり
それだけのエネルギーを使ってでも「伝えたいものがあった」のではなかろうか?と。

「動画を投稿したけど再生が100ちょっとでコメは1桁だった」という事実に落胆するかもしれませんが
実は自分の体感的にはニコマス新作を積極的に掘る方は100人はいる模様で
しかも彼らは百戦錬磨。むしろキワモノほど歓迎しているのかもしれません。

例えば貴方が突然ギターを始めてみて駅前で歌ってみたとするでしょう。
はたして100人もの人が立ち止まって聴いてくれるでしょうか?
そして何人かが最後まで聞いてくれた後にコメントをしてくれるでしょうか?
たとえ「ツマンネ」であってもコメントするということはUP主に伝えたい事があるのでしょう。

ニコマスなら三桁のサンプリングが取れて内約5%相当のフィードバックが得られる。
しかも無償で。これはビジネスとかでは結構難しいパフォーマンス値だと思います。
あと投稿直後の動向は新着掘り専門の方々の影響が強いかもしれません。
「再生はそれなりだけどコメ比・マイリス比が良いのでとりあえず観てみよう」とか
「紹介ブロガーがピックアップしてるので気になったので見てみた」とか
そんなパターンも多いと思われます。

結論としては結論でなにかしら言って〆ようと思ったけどオチがないよ!ということで一つご勘弁を。
あと皆様のコメ及びマイリスには多大な感謝を送らせていただきます。ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。