スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「表現できる」ということ(長文)

私は幼い頃から「表現できる」ということに憧れてました。
「漫画家・イラストレーター・音楽家・ゲーム作家」などに憧れており
とくにイラストの線や発色に心奪われてました。
実は幼少のころは親が才をつけようと書道教室や音楽教室に通っていたのですが
字は未だに下手で音も性格の為長続きしませんでした。
さらに言うと成年するまで油彩教室に通っていたのですが
「線を描く」という行為に恐怖を感じておりいまだに絵を描くことができません。
半端な抽象系に逃げ込んでましたが師匠は暖かく見守ってくれました
現実も私にはしんどい要素がありゲーセンの各種シューティングで空想にふけっていました。

「なにかわからないけど表現したい。現実ならデザインなのだろう」
と何も考えずに大学のデザインコースを受験し、実技で絶望しました。
そう、美術系大学というものは「基礎学力がある」『絵が描ける』という要素を満たして
はじめて門をくぐることができるのです。
私はエセ理系に逃げネットと本屋とゲーセンの往復で空想にふけっていました。
このころアケマスもうっすらと存在を知っていたのですが
実物を見て違和感を感じそれっきりでした。

気が付けば社会人になり、流行っているという理由でニコニコも入ってみました。
ランキングにアイマス要素が並んでおり、「箱マスは凄い」と聞いていたものの
余り接点を持っていませんでした。
そんなあるときSTGタグをたぐっていたら出会ってしまったのです。蜂Pの作品に。



「STGとアイマス!こんな表現もアリなのか!!?」
気が付くと私は虜になり、氏の新作を待ち望むようになってしまっていました。



氏の作品はネタと見せかけてどれもクオリティが高く、なおかつ
「ワタシが心の中で観ていた『世界の色』」を表現してくれてました。
気が付けば毎日出社前に見るようになり、この頃からニコマスを採るようになって来たのだと思います。
時間が経つにつれワタシの中でアイマス分は次第に増して行き
気が付いたら箱○と無印アイマスとL4Uを買っていました。性格的な問題で無印は積んでしまいましたが
L4Uの画面の美しさにしばらく見とれていました。

気が付けば夏になりそれなりのボーナスを貰いました。そして気が付けばカメラ屋。
「キャプボとPEで3万か・・・10作作れば3千円。飲みに行ったと思えば安いな。」
恐怖もありましたが酔っていた勢いもあり買ってしまいました。酒を呑んでたかは覚えてませんが。

で、いざ取り組もうと思ったけどあの「線を引けなかった」恐怖がひとつ。
それと偉大なる先駆者達の妨害や泥塗りは避けたかったのです。
悩んだ末偶然手元にあったPS2のサイヴァリアのブチ抜き音源の謎データ(没曲?)を発見、
それを手に制作を開始しました。ちなみに自分のP名もサイヴァリアからです。
後に書こうと思いますがサイヴァリアは非常に美しいゲームです。



恐怖と分からなさで半狂乱になりながら組み立てて無理矢理mpeg2出力、
ニコ鯖で変換後の荒い画像を見た後は「本当に良かったのか?否定されて切り捨てられないか?」
と震えながら布団に潜り込みました。

起きて震えながら動画状況を確認。以外にも彼等は私の作品を暖かく迎えてくれました。
この時ワタシの心の中の何かしらの壁に穴が空き、光が射し込んだ感がしました。
ワタシはワタシの心の中の「世界の色」を出力することができ。なおかつ評価してもらえたのです。
それからやっつけ半分ナチュラルハイ半分での動画制作及び投稿がはじまり、現在に至ります。

「表現できなかった」自分にとってニコマスとの出会いは「偶然」かつ「必然」だと思います。
ペースは遅いのですが自分の思ってた世界の色が表現できるのは感極まりないものがあります。
いまだに投稿直後は怖くて仕方がないですが。
『お前は箱マスすらやりこんでいない。故に愛が足りない』と言われればそれまでですが
仕事の工具と同様にそのツールに対しては最大限の「敬意」をはらっており
それがアイマスに対する自分なりの「愛」と言えるのかもしれません。

今は充電期間中ですが、気持ちの整理、清書化をする為にこのブログを立ち上げたので
この文章をもって作品代わりとさせていただきます。長文になってしまいましたが。
あと蜂P様。勝手に名前を使わせていただきゴメンナサイ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

無論、そこまで歩んできた道程は違うでしょうが、
自分のことを書かれているようで、身につまされる思いがしました。
今コツコツ新作を作っていますが、いま自分の出来ることを
精一杯自分の納得できる形で表現出来れば良いかなと、
技術とか画質とかは「こまけぇことはいいんだよ!」の精神でw。

…と、笑って言い切れれば良いんでしょうけどねw。

No title

>wingeddeath様
「新作!そういうものもあるのか」
楽しみに待ってます
あといよいよもって死ぬがよい
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。