スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅弁を買ってみよう

怒首領蜂P


ふと思いついてたけど書いてなかったので。

ちょっとした長旅の売店で見る駅弁ってそそられますよね。
華やかなレイアウトで特産品を使い、おいしくおなかいっぱいになれます
で、この事例に「ニコマス製作」を代入して語ってみたいと思います

まず脳内に時折現れるモーメントとか色とかを最終的にニコマスでパッケージするという試みですが
「どんな方向性にするか」「どんな曲とキャラを使うか」などがあります。
で、曲の選別は「弁当箱」に該当すると思うのです。
色々たくさん詰め込みたい、けど弁当箱が大きすぎる(長すぎる)と途中でおなかいっぱいになるので
自分は調理スキルの都合もあり「90~180秒」のあたりの枠にします。

次にどんな構成にするか?ご飯とおかずのバランスはどうするか?ご飯はどう炊くか?
等の要素がでてきます。スタンダートな幕の内、ガッツリとした焼肉弁当
でもここはやはりご当地弁当でしょうか。とりあえずメイン料理(一番のピーク部分)
をどうするかを決めると調理の方向性が大体固まります。
メインに使うアイドルとそれ以外のアイドル、背景、エフェクト(味付け)などを調整していきます。

構成ですが駅弁と違って「食べる順番はUP側が指定する」のでこの構成というものは結構重要です。
駅弁なら先ず煮付けや玉子焼き、焼売などで口を慣らしていきます。
このときの味によってこれからの気分が変わっていくのでけっこうこういう小物惣菜も侮れません
ニコマスならこれは開幕イントロのようなものでしょうか。

ご飯を少し口に入れ、惣菜をつまみつつ、「そして!このタイミングで肉料理を!」
とメイン料理に挑みます、このメインパートがいかにおいしいかが肝心ですね。
細かい仕込みもバッチリで「おいしい!」と(視聴者側が)感じてくれればこれはもううれしいです。

ただ、初めから肉料理ばかりだと脂っぽくてもたれるのでごはんとのタイミングが肝心です。
箸休めの漬物も欠かせません。
そして食べ終わって最後にお茶を一杯。といったところでしょうか。

長々と書いてしまいましたが自分としては駅弁に対する姿勢はこんな感じでしょうか。
あと駅弁売り場は多種多様の弁当が並んでいるので
どうやったらこの弁当を選んでくれるか?というのがポイントでしょう
食材(アイドルとか楽曲とか)の名称はもちろんですが
弁当の包み紙(すなわちニコマスならサムネイル)が結構重要なポイントです。
ズラッと並んだサムネの中から「これはおいしそうだ」と選んでくれるように仕込むと良いかもしれません。
また、ピーク値ではないサムネで誘いピーク値でおおっとさせたり
あえてサムネ殺しをかけて視聴者をわくわくさせるのも一つの手だと思います。

長々と書いてしまいましたが、このエントリを書くにあたって実際に駅弁売り場に赴いたものの
何故かアップルタルトセットを買って帰ってしまったという事で〆させていただきたいと思います。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。