スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

wave_warp.aex

ご無沙汰してました。おそばせながらあけましておめでとうございます
色々ゴタゴタしていたというよりは精神的な電圧不足でマンドクセ状態だったのですがorz
あと久留米大砲in新横浜に行こうとした瞬間にギックリ腰発生したりとかorz
あ、久留米大砲は至高の豚骨の1つの到達点だと思っておりますので
豚骨好きで未挑戦の方は是非お試し下さい。

で、前のエントリでPCの臓物を取り替えたと報告しましたが
PE4が起動しなくて困っておりました。
俗に言う「wave_warp.aex問題」らしいです。
起動→メインファイル読み込み→プラグイン類読み込み→フリーズという代物なので
wave_warp.aexが悪いわけではないのですが。
治療策としては「USB周りが喧嘩してる」「サウンドデバイスが喧嘩している」
等ありましたが解決には至らず
ありったけググって調べたところ
HDDのモードをAHCIからネイティヴIDEにしたら解決した
との記述があり、やってみたところ本当に解決してしまいました
HDDのNCQ機能とかは使えなくなったわけですがorz

08年のソフトならAHCIくらい対応していそうなものですが
XPは拡張に拡張を重ねた軍艦島のようなOSなので
「XPでAHCIモード」自体後付けの機能なので致し方なしかと。

原因が分からない内はWin7_64bitにのりかえたろか!と思ったりしたものですが
Win7でPE4が動く保障は無い訳ですし(動作報告も動くと動かないが半々)
PE4を使いこなせていないのに新しく導入するのもなんですし
PE8は色々と食指が伸びないので…

で、ためしに操作&各種エンコ等やってみたら非常に快適になったのですが
いかんせん脳内にモーメントは見えるものの、己自身の電圧不足により出力に至らないのが悔しいところです。
というわけでペースは遅いでしょうが今年度も何かしらやってみたいとは思います
あらためて見ていただいている皆様に感謝と謹賀新年の旨を申し上げて〆させていただきたいと思います。
スポンサーサイト

組んでみた&CPU負荷とか

ご無沙汰してました。

いい加減PCが3年前のミドルローなスペックだったので臓物一式取り替えてました
Athlon64 3500+(2.2Ghz 1core) DDR400 2GB(シングルch) から
PhenomII 905e(2.5Ghz 4core) DDR1333 4GB(2x2G_ungangedモード) な構成で
i7行ってみたかったけど様子見で下駄代わりにって思ったのですが
最近のPC性能は凄いですね。

C3ステッピングの945(3Ghz)が品切れで905eにしたのですが
(マザーのBIOSが対応してないかもしれなかったのである意味良かったかも)
BIOSのアイドル温度が35℃。CPUクロック自体は大幅な変化は無いのですが
マルチコアのお陰で「遅くならない」というのが面白いです
あとはPEがどれだけ快適になるかですかね。

とりあえずニコニコで色々見てみましたが
面白かったのが「512x384 60f」の動画が以前よりなめらかに見えるようになり
CPU負荷も10%前後でした

ならばHD系はどうかと思ったらCPU負荷は40~70%程度なのですがカクつきます。
ニコニコのプレーヤーはH.264のマルチコア処理に対応しているみたいなので
処理帯域周りが関係しているのでしょうか?
(HD画質でも通常枠だとヌルヌル、大型枠だとカクカク)

システムを刷新して念願のデュアルチャンネルメモリモードを…と思ったら
PhenomIIの推奨モードは「Unganged」モードらしく
メモリーコントローラーを2つ持っており、それぞれをシングル帯域で使うという代物らしいです
一応通常のデュアルチャンネルモードも持っているらしいのですが
H.264再生にはマルチスレッド処理をしているのでどっちが良いのかは分かりません。

で、最近はGPUも進化し、3D以外にも動画再生等の処理を
GPUで処理してもらうこともできるらしく、ためしにやってみたところ
オンボードGPUなのにCPU負荷1桁で再生できたのが驚愕でした。
たしかにGPUがいくら高性能でも処理全部CPUでGPUが遊んでいる
という状態が継続していたのでこの機能は当然の進化なのかもしれません。

最近ではニコニコのプレーヤーのベースとなる「Adobe Flash Player」も
β版で試験的にH.264のGPUでの処理を実装しているみたいなので
この機能が正式採用されれば今後GPU処理機能対応システム搭載で発売される
ミドルクラスPCやノートでもストレス無く動画再生ができるかもしれません。

なんだかんだで現状には大満足なのですが
やっぱり945(3Ghz)にすべきだったかなぁともやもやしながら〆させていただきます。

4桁

この「ブログのような物体」にカウンタを設置して、そのカウンタが4桁を突破いたしました。
見に来てくださる方々とご紹介頂いた方々に改めて御礼申し上げます。

・・・というわけで久しぶりにPEいぢりをしてみたくなったので起動。
「手持ちの映像でミニマルでループなものを」「ライティングとシルエットな展開を~」
と無心に組んでエフェクト添加してたら偶然シルエットの抽出に成功しまして、
これは楽しいとそのまま無心に仮組みしました

・・・「光と影」な時点で既にお気づきとは思いますが
ハイ。どうみてもあの「林檎」がモロでアウトなものが出来てしまいましたorz
組む前に気が付かなかった当たりでアレですが
「オマージュ」とはとても言い難い劣化コピーな代物だったので
とりあえず哭いて寝る事にします。ポン。

改めて皆様ありがとうございます。

シルバーガンのCD帯

※今回のエントリは眠気の為色々とアレです。一応注意書き。



カスペルP


-以下コピペ-
「この世に生まれし第11の息子よ、銀の銃をもって人々の魂を撃ちぬくのだ」
「お願い、あきらめないで」
「愚かじゃよ人間は…」
「人よ立ち上がれ!この大地は神が我々に与えしものなのだ」
「あんた、正気なのか?自分のやっていることがわかってるのか?」
「なっ、何をする!」
「希望を持ちましょう、そしていつの日か必ず」
「この荒れ果てた大地を見るがよい、これが我々に与えられた天罰なのじゃ」
「殺せ!そして奴等を根絶やしにするのだ!」
「戦争を止めることは出来ないのだよ。戦争はお互いが正義じゃからな…」
「お願い、あきらめないで」
「ここには夢や希望なんてない…」
「緑に覆われたあの頃の風景はなくなってしまった」
「あきらめないで」
「わたしにだって夢はあったわ、でもどうしてかしらね」
「これからは人を中心とした政治が必要なのだよ…」
「このことにより世界大戦は避けられないものとなりました」
「我々はもう一度考え直すべきです。皆さんにもわかっているはずだ」
「サイは投げられた。もう誰にも止めることはできん」
「世の中は移り変わってゆく…しかし、変わらないものが一つだけあるのだ」
「あきらめないで」
「俺の夢はね…この宇宙の中にあるんだ」

「わたしのこと、愛してる?」

-コピペ終わり-

・・・予約して特典サントラ付で買ったなぁという事を思い出し
もう10年を超えていることに驚愕してしまっていたり。
思い出した原因として「罪と罰2」が発売され、プレイ動画を見たことだったのですが
本当に素晴らしい「宇宙」が広がっているのですが何故かハードごと買う気まで至らないのです
最近は箱も起動しなく、もっぱらゲーセンでテトリス。
そしてあまりゲーセンにも行かなくなってきている事を実感してしまったのです。

音楽シーンにも良く言えば「流行」 悪く言えば「流行り廃り」なんかあるのですが
アルペジオも4つ打ちもアーメンブレイクも他色々も変化はあるにしろ
この10数年ずっと存在し続けており
箱(クラブ)に行くか行かないか、曲を聞くか聞かないかなだけで

「『それ』は何も変わらず輝き続けている 変わったのは己なのだ」

と思った訳です。10年以上も前に冒頭のテキストは書き残されていており
ゲーム雑誌を開いてみるとその宇宙は今でもとてもきらきらとしていますが
なんだか随分遠い所に来てしまった気がします。


・・・なんか随分変な文章書いてるようなので方向転換。
ちなみにシルバーガンは構成はアーケード版の方が好きです。
「ラスボス倒した!!」と思ったらいきなり色々とアレな事になり
無音になって訳のわからぬまま減少するタイマー、
タイマーが0になりスタッフロールとともにネタばらし。
その時のBGMがもう悲しくて切なくて
数々の理不尽に等しい条件を突破したプレイヤーにとっては外道とも言える仕打ちです。
自分はサターンで無限コンティニューで見たので多少ダメージは薄かったのだろうと思います。
これに限らずアケシューは破滅的で悲壮感漂う終わり方が多いですが。

そういえば昔寝ていて「シルバーガンの10面」なんていう無茶苦茶な夢をみたなぁ
と思い出しました。何故か途中からゲーム天国になっていましたが。

カレーなんて誰にでも作れるものだろう

そう思っていた時期が私にもありました
林間学校の夕食実習でその「亜空間」を見るまでは
むしろどうやったら「あんなもの」が作れていたのか
今となっては当事者に聞いてみたくて仕方がありません



まあ思うところあり再エンコし、案の定ツッコミを食らってふと考えていたわけですが
「フランス料理の出来るまで」なら皆の興味を引き、満足できる解説動画を作る人もいます
ただ包丁を持ったことのない人に対しての「米のとぎ方」なんて解説動画は
作る人もいないし当たり前すぎるのかもしれません。解説動画って結構面倒だし。
まあ「米をとぐのに洗剤を使う」という話が都市伝説であるのを祈りたいですが

一家の母親や料理好きの方などは味噌汁なんぞ鼻歌歌いながら作れるでしょう
で、その工程をレシピ化してくれなんて言ったら「?」な顔をされるか拳骨ものでしょう
で、ためしに自分の味噌汁の作り方を書き出してみたらこうなったわけです

味噌汁というのは地域によって差があるどころか家庭によって味が違う
ローカルを越えたハウスルールな代物です。自分の当たり前な工程は
他人から見たら鳥肌物なのかもしれません。むしろなのだろうと思います
そして「そのやり方は変だ」とツッコミをもらって初めて気が付いたりするものだったりします。

ワタシの作り方な動画は「その領域に該当する解説動画が存在しなかった」
から作ってしまっただけであり、「正解である」という保障はまあできません。ひどい話ですが。
無知なガイドがナビをしているようなもので、「まて!そっちは地雷畑だ!!」
とツッコまれることによって初めて完成するのだと思います。
というわけでツッコんでくれる人はそのコストを使って発言してくれてるので
相当やさしい方なんだろうなぁと思っております。結構胃にきますが。

見返してみると結構細かい所を省いたアバウトな内容ですが
「先ずは昆布と煮干でダシをとって~」な説明をしてしまうと
本当に分からない領域なら理解できないか面倒であきらめてしまう
そんな気がしたので「適当に切って、鍋に放り込んで、最後に味噌を入れる」
そんな内容で提供してしまいました。とりあえず「できる」というのが大切だと感じたのでしょう
で、細かい工程は慣れてから少しずつ煮詰めていけばいい、そういうやりかたでもいいと思います。
最初から高いハードルを設けるよりはあらかじめ志を低めに見積もっておき、
1つずつ達成していって領域を拡張していく、そんな感じです。

で、ツッコんでくれるのも有難いのですが「お前のやり方は信用できん!」
とよりよい解説動画を誰かつくってくれないかなぁ。そう思うこの頃です。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。