スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記:リョウアライ



出会いはフロントミッションオルタナティヴでした。
その特異なサウンドに惹かれネットで検索し氏を特定
→サーキット72のサンプルを聞いて購入→「なんだか分からないけど凄い」
→「Beat Bracelet」も買う→なんじゃこりゃー!?
といった感じです。オルタは途中で投げてしまいましたが。

氏の曲は不思議で奇妙です。「サウンド」や「ミュージック」ではなく
徹底的に「ビート」の羅列なのです。モールス信号を並べてるだけのような感じもしてきます。
長くてループが多くてつかみ所が無い。個性はあるのに無味淡白。
かといって音に味付けしようものならバランスを崩してしまいそうな緻密さはまるで
ジントニックのようなイメージが浮かび上がります。
リスニングとして流すにも少々スパイクが強いです。

サーキット72は1度手放してしまいましたが「Wandering」でニコマスを作りたいとの願望が出てきて
再びツテを頼って入手しました。良い曲だけどやっぱり変です。
自分としてはいい感じに仕上がったと思い、再生数やマイリスもいい感じなのですが
徹底的にコメントが少ないのはやっぱり皆様もこの曲が異質だと感じてしまったのでしょうか。

リョウアライ氏は単純計算でも15年は音でメシを食っている大ベテランです。
評価もかなり高いようです。でも表には出てきません。
(ナムコの鉄拳5に曲を納めてたという話を最近拾って驚愕、聞いてやっぱり氏の音でした)
「ニコマスとオルタ」では結構皆様凄い作品をあげておられるのですが
「ニコマスでリョウアライ」だと自分しか居ないのはちょっとさみしいというか
「リョウアライ部、部員1名」といった印象を受けます。自分はにわかなのに。

結論としてはもっと氏の曲って評価されてもいいと思うのになぁ。といったたわごとです。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。